自分なりの乗り越え方

育成年代での挫折、辛い、苦しい、しんどい経験はできるだけしておいた方がいいと思います。早いうちに。

僕は中学1年生の時、毎日の練習に行くのがめちゃくちゃ憂鬱でした。 周りは上手い奴ばかり、仲間からの要求も激しい、練習がキツい、コーチは厳しい、毎日走りもある、週3だった練習が週6になる、帰るのも21時過ぎ…

もうなんか全部が嫌で、小学生まで友達と楽しくやってたサッカーが、一気に憂鬱なサッカーに変わっていました。

初めての練習から1週間も経たないうちに「辞めたい」と思ってしまい、 どうせ行くことになるのに、毎日練習に行くかどうか悩んだり、 実際グランドに向かう途中で引き返したことも何回もありました。

本当に憂鬱で今考えるともったいないくらいのモチベーションで練習に参加していました。 ただ、練習終わりの達成感はすごくて「あー、終わった!!」と、とんでもないことを成し遂げたみたいな。

すごい達成感のまま家に帰って、寝て起きて「練習か…」とまた憂鬱になっては、練習後「あー、終わった!!」… いちいちこんな感じで弱音を吐きながら、感情を忙しくさせながら1年間乗り越えてきました。

これが僕の人生で初めての大きな挫折?苦しい、しんどい経験でした。 当時はめちゃくちゃ辛かったです。でも 中学1年生というタイミングでこういう苦しさ、しんどさを味わえて良かったと、今は思っています。

なぜ、そう思えるのか?というと、 「自分なりの乗り越え方」を身につけることができたからです。 僕なりの乗り越え方というのは「弱音を吐きながらも、毎日一喜一憂しながらもなんだかんだやる」というものです。

今になって気づけたことで、 中学1年生の当時はそんな意識は当然ありません。でも感覚的には理解していたんだと思います。 「ネガティブになろうと、落ち込もうとどうせやる運命なんだ」って。

これが冒頭に戻りますが、 「早いうちに挫折、辛い、苦しい、しんどい経験はしておいた方がいい」と思う僕なりの理由です。 その人によって「乗り越え方」って全然違うと思います。

「こうしたらいいよ」 「あーしたらいいよ」 「こう考えてみたら?」

こういう他の人からのアドバイス、もちろん参考になりますし、めちゃくちゃありがたいです。 でも、あくまでそれはその人の乗り越え方。その人が苦しい状況をどうにか踏ん張って、足掻いて築いてきた「その人のもの」。 参考にしながら、取り入れながら、最終的には自分が踏ん張って、足掻いて形にするしかないと思います。 じゃないとこの先の人生まだまだあるはずの「乗り越えなきゃならない壁」に出くわすた度に時間がかかってしまいそう。 「自分なりの乗り越え方」のテンプレさえ持っておけば、わざわざ立ち止まる必要はないですね。 そのままいつも通りの乗り越え方で進み続けることができます。 今もし、壁にぶち当たってる最中なら「自分なりの乗り越え方を見つける」というポジティブな姿勢で取り組んでみてほしいです。 今がいいタイミングと思って、逃げずに、適当にこなすんじゃなく、大事に苦しんでほしいです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

小学6年生,中学3年生,高校3年生 本当に面倒臭いですよね。6年間で同じ問題に3回も悩まされます。 進路選択という問題。 ちょうど今くらいから慌ただしくなる頃ですかね。 もしかすると求めるレベルによっては、この時期では遅いということも。 僕は最近進路選択についての相談を3件受けました。 「目指しているチームのセレクションに落ちてしまって…」 「人数の多いチームだと埋もれてしまわないか?」 「J下部

落ち込んでいたり、ハマっている時に、なんとか励ましてあげようという、周りからの暖かい言葉にちょっとした勇気をもらうことがある。 かといって、その言葉が全くと言って耳に入ってこない、胸に落ちないことも多少なりあるはず… この「ケガから学ぶ」って言葉もその類いじゃないだろうか? ケガをして精神的に落ち込んでいるとき、 「このつまずきから何かを学びとって、前を向こうよ。お前ならできる!がんばれ!」 って

10年近くトレーニング教室を運営する中で感じること。 子どもが成長する環境は、花や植物を育てる過程に似ている。 あたりまえだが、まず花を育てるには土が必要。 そして水や肥料をやって、陽が当たる場所に置いてやり、時には温度を調整してやることで、光合成をしながらしっかり幹を太くしていく。 これら工程を家庭環境に置き換えてみる。 土壌は「家庭環境」、水が親からの「愛情」、日光が「社会からの影響」。 特別